金明堂の技術

  • 視力検査
  • お気に入りの眼鏡を快適にご愛用いただくために。
  • フィッティング(メガネの掛け具合・調整)のご説明

視力検査

金明堂では、お客様が必要な視力を快適に得られるメガネをお作りするため、15項目に及ぶ目の検査を実施しています。

問診
お客様の使用用途、趣味環境などをお聞きし、度数設定の参考にします。
基礎検査
PD測定・裸眼視力測定・旧眼鏡視力測定
利き目テスト
手にも利き手があるように目にも利き目があります。
輻輳(ふくそう)検査
目線を内側に寄せる力の検査です。
カバーテスト
両目が楽な状態でまっすぐに見ているかの検査です。
遠方検査
視力の基準となる遠方視力がどこまで出るかをチェックします。
調節力の測定
近くにピントを合わせる力の検査です。
加入度測定
快適に目的のお手元が見える度数を測定します。
仮枠体験測定
仮枠にレンズを入れて、実際のメガネと近い見え方を体験していただきます。
目の状態の説明
お客様の眼の状態について説明します。
プレフィッティング
お選びいただいたフレームを、お客様の顔型に合わせます。
遠用アイポイントチェック
お選びフレームとレンズの中心を合わせます。
近用アイポイントチェック
ミラーテーブルを使い手元の視線が近用ポイントを通過しているかどうかをチェックします。
精密加工
度数と焦点位置が指定通り仕上がる様、精密に加工をします。
仕上がりチェック
仕上がったおメガネは、お度・焦点レイアウト・レンズの加工仕上がり具合など細かくチェックします。
※快適なお度数にするために、以前のメガネのデータがあるとより参考になります。
ご使用のおメガネがございましたら是非お持ちください。
このページのトップへ戻る

お気に入りの眼鏡を快適にご愛用いただくために。

快適なメガネの条件として、レンズと度数がその方に合っていることが大切です。

でもそれだけでは快適なメガネにはなりません。メガネはお顔につけるもの。フレームとお顔が合っていないと、ずれたり、痛くなったり、見えづらくもなります。また、最近のレンズは目とレンズの位置関係を正しくフィッティングすることで本来の性能を最大限に発揮するよう、最適化が進んだ設計になっています。

一眼レフカメラのレンズは、何枚かのレンズを組み合わせることで良い写真が取れるように作ってあります。それに対し、メガネのレンズは何枚も重ねることはできません。より厳しい条件の中で、カメラより広い視野をはっきり自然に見えるように作らなくてはなりません。

最終的にピントを合わせるのは人間の網膜というカメラのフィルムやCCDよりも遥かに繊細な部分です。また、遠近両用レンズはピント調節も一枚のレンズで出来るように作られています。そのため、メガネの目とレンズの位置関係は、大変重要です。

メガネの掛け心地や見え方を最適にするためのフィッティングは、お客様の好み・お顔の形・フレームの形状・度数・使用目的などたくさんの項目があります。フレームをお顔に合わせるフィッティングという作業はメガネの技術の中でも一番難しいと言われています。

当店でのフィッティングは、掛けた状態でレンズの位置関係やお顔との合い具合を良く確認し、掛け心地をお客様に伺い、再度の調整を何度も繰り返しながら行ないます。そして当店では、メガネがいつも快適な状態を保つために、定期的なメンテナンスを実施しております。

メガネをお求めいただいてから5年間、定期的にメガネの無料点検をご案内させていただきます。

このページのトップへ戻る

フィッティング(メガネの掛け具合・調整)のご説明

フィッティングは一般的に両耳と鼻の3点部分での接触の固定が良いとされています。適切なフィッティングをすることで快適な掛け心地を得ることができ、視力矯正効果も最大限に活かせます。そこで金明堂で行っております基本的なフィッティングのポイントをご説明いたします。

正面から左右の傾き、ノーズパッドの当たり具合
耳の位置は必ずしも対称ではなく、傾きを修整しないと見え方に影響を及ぼし、外観も良くありません。ノーズパッドは面全体で接触させることで負担が分散され、鼻梁部への負担が軽減されます。また、メガネの位置が顔に対してバランスの良い位置にあるか確認します。
上方から左右の頂点間の距離、そり角、あおり角、幅について
左右で頂点間距離に差があると側方視の歪みなどに影響が出ます。フロントカーブが極端に内・外に反ると美的要素からも見た目が悪くなります。テンプル幅が顔幅に対して狭すぎるとこめかみを圧迫し、頭痛などの原因となることも考えられます。
真横から角膜頂点間距離、傾斜角について
レンズが適切な角度になっていると視線とレンズの光学中心を直交させることができます。角度が合っていないと斜交してしまい、収差が出やすくなります。特に遠近両用の場合は見え方に影響しやすいので用途に合わせた調整が必要です。角膜頂点間距離は12mmが適切な距離とされています。
斜め後ろから耳へのテンプルの当たり具合
血管・筋肉がない部分(骨)に平均的に添わせることでズレにくいメガネとなります。きつ過ぎると痛みを伴い、ゆるすぎるとメガネが動いて気になります。
アイポイントゲージ出来上がったレンズに対して眼の位置
フレームを装用した状態で水平視した際に瞳孔がどの高さの位置にあるかを見ます。焦点に対してズレてしまうと遠方の見え方がボケてしまいます。
ミラー法近方視線の位置
ミラーテーブルを使い、近方視線が近用アイポイント上に入っていないと文字などがはっきりと見えません。フレームの傾斜の角度が適切か、お顔の動かし方などが正しく出来ているか判断します。

お客様一人ひとりのお顔に合わせて、鼻・耳へのご負担を感じさせない掛け心地のよいメガネをご提供します。適切で丁寧なフィッティングにより、レンズ設計の機能・特性を最大限に引き出します。

金明堂 安心のアフターメンテナンス

メガネを常に良い状態でお使いいただくために、定期点検(3か月に1回)にぜひご来店ください。安心してメガネをお使いいただくために、無料視力チェック(1年に1回)も行っておりますのでお気軽にご来店ください。